午前中公園、午後は自宅でクッキー作り

今日はお天気が良かったので、朝からたくさん洗濯しました。
シーツも干して、娘といつもの公園へ出発!
こちらの公園の常連になりつつあるお友達親子3組でなごやかに遊びました。
娘は砂場の砂をミニバケツに入れて、「ケーキだよ!」とニッコニコ。

すると、お友達がその上に葉っぱを乗せて飾り付けしてくれました。うう、みんななんて可愛いの!
このメンバーは親子共々おだやかで、今のところおもちゃの奪い合いや順番争いといったトラブルも無し。
のんびりし過ぎていて、幼稚園に入った時に他の子に負けちゃうんじゃないか、というのが母共通の悩みです。贅沢な悩みなんでしょうか。
子どもも成長と共に変わる、環境に影響されて強くなるかな、なんて私はのんきに構えています。
お昼前に解散して、自宅に戻ってお昼ご飯を食べた後は、娘とクッキーを手作りしました。
砂場遊びの後、娘に「ほんもののケーキ作って!」と言われたのですが、スポンジケーキを手作りする自信の無い私。
クッキーならなんとかなるかな、と……。

娘は粉をふるう段階から、「わたしもやる!わたしもやりたい!」と大はしゃぎ。
クッキーを丸めるところから娘にお願いしました。
さすが、最近公園で泥団子作りを毎日しているだけあって(?)、娘は生地を上手く丸めていました。まだ3歳なのに、おぬしやるな!って感じです。私より器用なのかもしれません。
小さな手で作るので、小さい小さいクッキーです。

私も負けじと大き目の生地を丸め、オーブンで焼いてできあがり。
どのクッキーも形や大きさが違っていて、手作り感溢れるものが焼きあがりました。
娘、自分で作ったクッキーが美味しかったようで、「パパにもあげるの!」とパパの分を取り分けておき、夜仕事から帰ってきたパパに押し付けておりました。

赤ちゃんだった娘とお菓子作りができるようになったんだなぁ、と娘の成長に感激した日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です